人気ブログランキング |

イェイェ感あふれる60-70年代の音楽や映画、家具、グッズ、食器、デザインなど好きな方の集うサロン
by qprqpr
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
音楽
お店

映画
イエイ・スポーツ(イエスポ)
街角の1960年代(70年代)
名盤(珍盤)アワー
ベスパ飼育日記
連続ブログ小説
欲望~BLOW-UP
未分類
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
フォロー中のブログ
○ぷく●ぷく○  ~おい...
広島きのぴーワールドヽ(...
21世紀は「和」の時代
ニューヨークの遊び方
アントレ・ハウス・ブログサイト
人生の夏休み AnnAr...
what's toy m...
ブログ安三(ヤンツー)
現場にマッチした飲食のコ...
ボブさんのカバン
CIRCLE+
ザグ商店にいらっしゃい。
E=mc2 スミイナオ
きりこマガジン  
world-shaking
最新のコメント
うん、歴史的失速、略して..
by qprqpr at 22:44
サンフレの前半の強さはな..
by world-shaking at 10:39
日曜日はサンフレいって。..
by qprqpr at 21:55
日曜日はカープ行って来ま..
by world-shaking at 11:40
むむっ ワシの奴隷体質を..
by qprqpr at 21:46
NY行くのですか? マ..
by world-shaking at 16:49
最後のお好み焼きを噛みし..
by qprqpr at 07:59
祈! 平和 我が家は毎..
by world-shaking at 14:06
まあ20年近くも苦渋を舐..
by qprqpr at 08:54
カープは強いですね。 ..
by world-shaking at 19:39
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:映画( 42 )

あんたがスキヤキ、カレーにシチュー

という土佐弁を昔、高知でならったが(訳:あなたが好きなカレーにしたよ)この一か月、生ポールにクィーンだストーンズの全米ツアーだとまるで盆暮れにハンバーグとスパゲッティとシュークリームがいっきにでてきた感じぢゃの。(メニウも昭和だぜ‥)オヤジ歓喜の年忘れがこれ↓(ボヘミアンラプソディ座れんかったらこっちおいで。すいとーばい)
しかし親友に女房寝盗られ、そいつより早く逝ったジョージ。。合掌。
by qprqpr | 2018-12-11 23:17 | 映画 | Comments(0)

週末はこれにしょ

映画「ボヘミアン ラプソディー」が封切り。カープもサンフレも冬休みの楽しみは映画に限るね。子供頃はなんかフレディがキモいわコワいわ、コスチュームもなんかイロモノつか女子向けみたいで今一つクラスでも話題についていけなかった硬派な僕チンだがやっぱりいいものはいい!マイベスト クィーンソングはこれ。このソロ&コーラスになんも感じない人はこちらのほうへ来てはダメ的作品だろう。記者はこのレコを担任の恵子せんせ(25当時)から頂戴したのも現代では考えられない僥倖かつ思い出だ。70年代中期には口パクになっているBBC放送にも注目。

by qprqpr | 2018-11-14 00:11 | 映画 | Comments(0)

グッバイ ゴダール

暑気払いにゆうべKBCシネマまで汗だくで歩いたがタクシー代払ってもよいくらい元とれた。ポスターの色彩感覚だけでわしらの性癖に訴えるが1968年5月革命時のパリを舞台に問題作「中国女」を発表したばかりのゴダール、毛沢東、ベトナム戦争、アメリカ公民権運動など当時のキーワードに加え、ビートルズネタを探すのも楽しい2時間。仏車好きにもたまらんだろう。
b0004696_10312913.jpg
今の学生さんにはこの熱さは意味わからんだろうね。
備忘に。ゴダールは存命でござーる。

by qprqpr | 2018-07-22 10:42 | 映画 | Comments(0)

研究発表2018

春まだ浅い3月に観た「早春」リマスター版。
b0004696_23450183.jpg
劇中、主人公の少年が街中をチャリで駆け回ってますが今頃になってスミスの
STOP MEのプロモを想い出した。
映画オタクのモリッシーのこと、着想はここだな。学会にハッピョーだニョン。むふん。モリッシー好みの少年たちに囲まれムフフな彼。スターでママチャリ似合うのはモリさんとエルさんくらいだろう。また広島にきてくれんかの。
by qprqpr | 2018-05-21 23:49 | 映画 | Comments(0)

早春ばい


永くお蔵入りになっていた「早春」(原題DEEP ENDだがいかにも当時の日本人のセンスも感じる邦題か。時期的には◎だけど)を博多の単館系老舗のKBCシネマしゃんで観してもろたばい。
b0004696_12500694.jpg
当時、ポールとの事実婚状態を解消したばかりのジェーン アッシャーの肢体を惜しみなく拝めるという邪な願望以上に60年代後半のロンドンがカラーで浮き彫りになるという付録が貴重だった。英国内でも見かけなくなった銭湯の設備やシステム。90年代ごろまではノーザンラインで活躍していた床が板の白い地下鉄車両やクラブの様子。衛生面で見直しになってこれまたいつの間にか消えたフィッシュ&チップスの包装の新聞紙。童貞のマイクを弄ぶ中年女性はあのサージェントぺパーズのジャケット右隅の金色のドレスでひときわ目を引くダイアナ ドースさん(記者は長く彼女をマリリン モンローだと思い込んでいた。ポールと別れたばかりのジェーンの心境やいかに?)そして。。お待ちかねのクライマックスのジェーンの御身体。。おいどんも次ぎ生まれたらポールになっと!!(ジェーンでもよか)
by qprqpr | 2018-03-25 12:50 | 映画 | Comments(0)

11月10日は。。

イイヒトノヒらしい。森繁久彌さん。森光子さん。
そして健さんが亡くなってはや3年ですか。。
名優の日でもいいですね。

明日はどなたも死にましぇんように。。
b0004696_21411364.jpg

by qprqpr | 2017-11-09 21:43 | 映画 | Comments(0)

この世界の片隅に

b0004696_23333086.jpg

ようやく後れ馳せながら観れた。観い観いと勧めてくれた数人のみんな、ありがとう。

小さい頃の親とのやり取りの一部だけがおりのように脳内に残ってて「呉は油撒かれて燃やされたんで」という一節もそう。この映画はこの救いようのないセンテンスを懇切丁寧に説明してくれた淡々と。

広島はいい街じゃったんじゃ。ありがとう。
by qprqpr | 2017-08-08 23:33 | 映画 | Comments(0)

小倉で任侠映画を観る

やっぱり健さんは小倉が似合う。年末、東京で見逃した健さん展が北九州にきてるのとこの催しに併せて小倉昭和館さんが健さん特集を開催してくれているので迷うことなくひさしぶりの完全オフを利用して小倉へいった。早いもので前回の三回忌の健さん特集からもう一年以上過ぎた。
b0004696_23423841.jpg

今回の展示はなんと彼の出演作全205作(現存!)をすべてシーケンスで時系列で上映するもの。デビュー作の電光空手打ちから粗製乱造時代のマニア向けのマイナー作まで網羅。2時間ではださせてもらえなかったね。しかし共演の鶴田さん、勝新さm、森繁さん、丹波さん、菅原さんに松方さん。みんな若いぜ。(みんな鬼籍だぜ)それにしても任侠ものでブレイクした昭和40年以前から50年くらいまでは毎年10本近い乱発ぶり。まさに映画黄金時代の大スターとは彼のことで間違いないでしょう。昭和館さんでは緋牡丹と番外地の2本立て。意外にも(失礼)50人近い盛況ぶり。さすがにスクリーンに向かって「いよっ健さん!まってました!」なんてはやらないけどみなそんなお年頃の御老人たち。。記者より若いのは片手くらいかな(30代は皆無)。オンデマンドの時代。万障繰り上げてアナクロな映画館の上映時間に集合するアナログなヤングは地元とはいえ絶滅危惧種なのでしょうかね。。
b0004696_09520132.jpg
平成29年小春日和、九州小倉で仁侠映画を観る。実にアダルトな是、好日也。肩で風きり、大好きな旦過市場で昭和の香りを嗅ぎながら猥雑で素敵な通りを抜け新幹線に飛びのったら小月付近で健さんに爆破されそうな気分になりました。合掌。
by qprqpr | 2017-02-04 23:42 | 映画 | Comments(0)

いょっ!健さん。。

教11月10日はイイヒトの日、健さんの命日三回忌ですね、森繁久彌さんや森光子さんもイイヒトの日が命日みたいです。映画「健さん」予想通りのホメ殺しです。(もう死んでますが。。)世代的に任侠姿に感激して「いよっ!健さん!日本一!」てスクリーンに叫ぶおじさん時代は知りませんが東映退社後のイイヒトキャラの健さんは全部観ました。僕も一度「健さん」てお呼びしたかったです。
合掌。
b0004696_22375283.jpg

b0004696_22353337.jpg

b0004696_22355870.jpg

b0004696_22362647.jpg

b0004696_2235531.jpg

by qprqpr | 2016-11-10 22:36 | 映画 | Comments(0)

ビートルズを観た

音楽映画は流行らないので広島だとせいぜい1週間、今回は緑井でレイトショーのみということでいってきました。「エイトデイズ ア ウィーク」、ビートルズのライブ活動にテーマを絞ったアップルオフィシャルの映画だ。

でも音響が評判のTOHOシネマズで大正解だったね。4Kにリマスターされた大画面、大音量のビートルズはもう元気いっぱい。デビューからアイドル時代の62年からライブ活動を終える66年まで時間軸に沿い世界に躍り出る瞬間から暴動、強迫、排斥のツアー続きで疲弊しきってていく様子まで克明に記されたアーカイブだ。

それにしても今回のリマスターで発見したのはメンバーの毛穴や汗、オーディエンスの女の子の表情や服装、持ち物がリアルに映し出されておりまるで自分がシアターのビートルズに向かって叫んでいるような感覚に襲われる。

楽屋でのリラックスしたやりとりや大混乱の移動のようす、記者会見なども織り交ぜ当時の世相や事件なども織り交ぜ見事に60年代という時代を表現しきってるのも驚き。

楽しみにしていた武道館はリマスターなしかな(元の映像が綺麗)、出来のよい7月1日バージョンでなく悪い6月30日のが残念だったけど、初出のものもあり、なんといっても劇場特典のシェアスタジアムの4kリマスターがほぼ完璧に再演されたことが特筆。当時の作品はリンゴのAct naturary が割愛されていたりHard days nightにインタビューがカブっていたけど今回はうぶ出しとなり日の目をみた。(この日お母さんに連れて行ってもらったウーピー ゴールドバーグさんのインタビューも泣ける)

それにしても今更ながらに驚くのはあの狂乱のなか、見事というほかのないプレイ。やっぱりビートルズはたたき上げのライブバンドだ!
おまけ。60年代のアンフィールド スタジアムの応援風景

by qprqpr | 2016-09-25 13:40 | 映画 | Comments(0)