イェイェ感あふれる60-70年代の音楽や映画、家具、グッズ、食器、デザインなど好きな方の集うサロン
by qprqpr
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
音楽
お店

映画
イエイ・スポーツ(イエスポ)
街角の1960年代(70年代)
名盤(珍盤)アワー
ベスパ飼育日記
連続ブログ小説
欲望~BLOW-UP
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
フォロー中のブログ
○ぷく●ぷく○  ~おい...
広島きのぴーワールドヽ(...
21世紀は「和」の時代
ニューヨークの遊び方
アントレ・ハウス・ブログサイト
人生の夏休み AnnAr...
what's toy m...
ブログ安三(ヤンツー)
現場にマッチした飲食のコ...
ボブさんのカバン
CIRCLE+
ザグ商店にいらっしゃい。
E=mc2 スミイナオ
きりこマガジン  
world-shaking
最新のコメント
むむっ ワシの奴隷体質を..
by qprqpr at 21:46
NY行くのですか? マ..
by world-shaking at 16:49
最後のお好み焼きを噛みし..
by qprqpr at 07:59
祈! 平和 我が家は毎..
by world-shaking at 14:06
まあ20年近くも苦渋を舐..
by qprqpr at 08:54
カープは強いですね。 ..
by world-shaking at 19:39
むふん♪ご祝儀振り込んで..
by qprqpr at 21:58
ご結婚おめでとうございますw
by まるも at 17:41
うん。岡田君への新人イジ..
by qprqpr at 19:18
勝ったものの岡田投手はカ..
by まるも at 10:20
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

死んだとおもうた今回は。

b0004696_21125898.jpg
Long live ROCK.
b0004696_21122541.jpg

[PR]
by qprqpr | 2017-03-22 21:15 | 音楽 | Comments(0)

死んだかおもうた。

レイ・デイヴィス、チャールズ皇太子よりナイトの爵位を授与

BARKS 3/17(金) 12:36配信

年末、ナイトの爵位を授与されることが発表されていたキンクスのフロントマン、レイ・デイヴィスが、木曜日(3月16日)バッキンガム宮殿で開かれた式典に出席し、チャールズ皇太子よりその栄誉を授かった。

◆レイ・デイヴィス画像

デイヴィスは、ロック・ポップ界ではポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、エルトン・ジョン、ロッド・スチュワート、クリフ・リチャード、トム・ジョーンズ、プロデューサーのジョージ・マーティンらと並び、“サー・レイ”となった。

デイヴィスは、爵位授与が発表されたとき、こう話していた。「最初は、驚き、謙遜、喜び、ちょっと恥ずかしいなど複雑な気持ちだった。でも、その後、僕の家族、ファン、そして、曲を書くインスピレーションを与えてくれた全ての人達のために受け取ることにした」と、コメントしていた。

セレモニーの後、「3分しかかからなかった。全て上手く行ったよ。僕はさようならって言って、家に戻った」と、『Daily Mail』紙に話したそうだ。

レイ・デイヴィスは来月、10年ぶりとなるソロ・アルバム『Americana』をリリースする。
よかったね。さすがウェル リスペクテッド マン! レイ。おめでとう。


[PR]
by qprqpr | 2017-03-17 22:00 | 音楽 | Comments(0)

元気かな

もう5年くらい前の春になるのかな。一度だけきてくれた広島。あれからガンを公表して去年は東京と大阪だけのライブがあったような。なんとなくブログの表写真をスミスの好きなジャケ写にしたらミイラとりがなんとやら数日モリッシーばかり聴いている。なんとなくうっちゃっていた心配事をひんやり思い出せるような彼らしい作風。この曲PVあったんじゃ。。
[PR]
by qprqpr | 2017-03-16 21:03 | 音楽 | Comments(0)

カンプノウの奇跡

パリっ子のため息がウラルを超えて聞こえてきそうな今回の大大逆転劇。敵地パリで0-4で落とした時には誰もバルサの逆転を信じる人はおらなんだろうね。ルイス・エンリケも喜ぶあまりに半月板損傷だなんてあほじゃがわからんわけでもない。判官びいきを身上とする記者も14年のバルセロナ取材や15年の横浜でのクラブワールドカップの観戦歴があり(パリ・サンジェルマンは縁がない)今回の歴史的アップセットは若干嬉しかったりする。

昨日の晩も9万収容のカンプノウはほぼ満員だったろうがすっかり勝ち慣れたバルサのファンの中には1stレグの結果からチケット持ってても譲ったり破ったりいかなかった人やスタジアム周辺のバルにいたりして見逃した人が多かったろうがその人は一生の不覚だろうね。

けが人続出のサンフレ、前線は3年前とは全くの別チーム。しかも屋台骨を支え続けたドイスボランチ6番8番を欠いては手足をもがれたも同然で森保も暗澹、忸怩たる思いだろうが何が起こるかわからないのがフットボール。次節アウェイ鳥栖戦も厳しい試合になるだろうがこのドラマに比べたら軽い軽い。泥臭くてもいいからなんとしても勝ち点3を記者とともに持ち帰えろう。
[PR]
by qprqpr | 2017-03-09 18:46 | イエイ・スポーツ(イエスポ) | Comments(0)

もうすぐ春ですね

b0004696_14554997.jpg

朝、散髪して気分転換に風防をとってやりました。この風貌は10年ぶりだね。お互いにスッキリ春の装いです。でもなんかお腹の辺りがスースーちゃんですね〜アジア帰りのデリケートゾーンに容赦なく吹き付ける寒風。ちと先取りしすぎましたかの。。冷やかしついでに市民球場にいくと残りわずかな自由席の券を求める長蛇の列。世の中も人も変わるものですね。
b0004696_14554969.jpg

[PR]
by qprqpr | 2017-03-05 14:55 | ベスパ飼育日記 | Comments(0)

卒業旅行?

ナマスカール。初のネパール、予想通りのしんどい旅でした。乾季の終わりのちょっと蒸し暑い砂塵にまみれヒマラヤの峯はカトマンズからは拝むことはできなかったけど中国国際航空さんのお世話に東京往復並の値段でここまでこれれば御の字でしょう。

ふだん悪口三昧の中国ですがこんな最低クラスのチケットでも行きの成都、帰りの上海でもトランジットホテルを用意してくれるなんていかにもサービスよさげな広告打って会員集めてオマケ集めさせていざ航空券くれって言ったら満席ですなんて抜かすなんて子供騙しの日本の会社よりよほどヒューマンです謝謝。(注、中国国際航空に直接請求しないと手配してくれません)

特に正解だったのは時間はかかるけど発着が昼なので窓側とれば現地でリスクいっぱいのチョモランマ並にバカ高い遊覧飛行を頼まなくてもヒマラヤがロハで拝めます!これにお約束の腸内洗浄デドックスダイエットが無料でついてくる(多少のリスクとクスリ代は了承ください)のだからこれはもうほとんど懸賞旅行でしょう。

いい旅のときはすべてが結果オーライ、ナガルコット行きのぎゅう詰めのバスに躊躇してたら車内の手が招き、席を譲ってくれたり深夜の成都で白タクにボラれたとおもいきや負けてくれたり、これが故事成語のいう「杞憂」かと体感したり。でも年々リュックも重いし腰もいたいしもうそろそろこんな旅は卒業かな。楽に旅をしたいきにもなるけど「手数料」払う旅よりも騙し騙されの路線バスや歩いて回る方が性に合うのだからしょうがない。貧乏は得ですね♪

b0004696_21202433.jpg

まさに圧巻としかいいようがない絶景。カトマンズ市内には多くのチベット料理店があったけど昔の人はどうやって行き来していたのだろう。成都をでてからすぐの山脈の眺めも溜め息がでる。(往きは右側、帰りは左ガワとるのが鉄則よ)

b0004696_2120246.jpg

ダルバードというネパール定食。スープカレーの先祖だね。ちょっと滞在の長い白人どもは粋がって右手で食べている。蝋燭台とはロマンチックだがしょっちゅう停電するので。

b0004696_21202525.jpg

カトマンズの街。インドの街に比べたらちーとましかな?地震の被害はあちこちのガレキが物語る。野良犬野良犬はおるけど野良象はいなかった。
b0004696_21202512.jpg

b0004696_21315421.jpg
                                   合掌

[PR]
by qprqpr | 2017-03-02 21:20 | | Comments(0)