イェイェ感あふれる60-70年代の音楽や映画、家具、グッズ、食器、デザインなど好きな方の集うサロン
by qprqpr
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
全体
音楽
お店

映画
イエイ・スポーツ(イエスポ)
街角の1960年代(70年代)
名盤(珍盤)アワー
ベスパ飼育日記
連続ブログ小説
欲望~BLOW-UP
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
フォロー中のブログ
○ぷく●ぷく○  ~おい...
広島きのぴーワールドヽ(...
21世紀は「和」の時代
ニューヨークの遊び方
アントレ・ハウス・ブログサイト
人生の夏休み AnnAr...
what's toy m...
ブログ安三(ヤンツー)
現場にマッチした飲食のコ...
ボブさんのカバン
CIRCLE+
ザグ商店にいらっしゃい。
E=mc2 スミイナオ
きりこマガジン  
world-shaking
最新のコメント
日曜日はサンフレいって。..
by qprqpr at 21:55
日曜日はカープ行って来ま..
by world-shaking at 11:40
むむっ ワシの奴隷体質を..
by qprqpr at 21:46
NY行くのですか? マ..
by world-shaking at 16:49
最後のお好み焼きを噛みし..
by qprqpr at 07:59
祈! 平和 我が家は毎..
by world-shaking at 14:06
まあ20年近くも苦渋を舐..
by qprqpr at 08:54
カープは強いですね。 ..
by world-shaking at 19:39
むふん♪ご祝儀振り込んで..
by qprqpr at 21:58
ご結婚おめでとうございますw
by まるも at 17:41
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

羨望

舞台はオーサカつかスイタ。。ガンバの新スタジアムのこけら落としに潜ニューしてきた。開幕の相手は鹿島。Jリーグを牽引してきた東西を代表するクラブ同士の好カード、試合は広島同様、早くも疲労困憊+丹羽の負傷で精彩を欠くガンバが0-1のホーム負け。昨日のビッグアーチの再現のような展開だったが器は日本一だね。。間違いない。
b0004696_18393974.jpg

このビューは埼玉とは違う。埼玉の上層ならビッグアーチの上層と変わりない。この屹立感はあえてたとえるならチェルシーのスタンフォードブリッジか。4万規模の専用スタジアムで全席屋根付き。大方は寄付で賄って140億円也。広島のスタジアム問題が一向に進捗しない今、ため息しかでなかったね。。
b0004696_18393958.jpg

ピッチから7mという触れ込みよりも記者が選んだのが最上階からの俯瞰図。戦術が手(足?)を抜く選手がよくわかる。ここで観ると日本のフットボール文化も変わってくるだろうね。ホントに広島にも専用スタジアムがほしくなった小春日和の午後だった。
b0004696_18393957.jpg

参考までに先週のACL山東戦のビッグアーチのビューも付しておく。うどんの器は問題ない。
b0004696_1855070.jpg

[PR]
by qprqpr | 2016-02-28 18:39 | イエイ・スポーツ(イエスポ) | Comments(0)

今回の欲望関係

キンクスのミュージカルがハネてワーダーストリートに出た。ちょっとカフェで小腹を満たして90年代初頭から続く老舗クラブイベントで毎週金曜に開催される映画「欲望」の原題でもある、BLOW-UPにいってみた。なかなかチャンスがなく初潜入となったが60年代のダンスチューンが中心でストライクな選曲だった。場所は最近サン・モリッツという昼は南欧レストランみたいな洞窟を模したおしゃれな空間だった。
b0004696_16442253.jpg

睡魔に襲われながらの帰り道、ほぼ同時刻にハケた100クラブの赤い看板を横目に週末のソーホーを歩くともう気分はスウィンギン ロンドンの時代に一人タイムスリップしたようないい気分でナイトバスの2階に乗りこみ、意気揚々とハマースミスの宿までご帰還とあいなった。
b0004696_16533117.jpg

翌朝、12時半という変なキックオフのせいでQPR対フルハムの試合前、ちょっと時間があいたので地味なライフワークの一つ、「欲望」のロケ地巡りを思いつく。冒頭のトンネルシーンやメインの公園は突き止めたのでそろそろ特定できる場所も少ないが今回は地下鉄で1本でいけてちょっと敷居が高くて近づけなかったキングズロード至近のこれまた南欧風レストラン、(トーマスが写真を編集者に見せに現れたが途中、何者かが店内のトーマスの所在を確かめに現れたシーン)「エル ブラソン」を訪ねた。
b0004696_1764151.png

外観はほぼ変わっていないが店名はすでに他のものになっていて、通りがかりのいかにもチェルシーの有閑マダム風のご婦人に尋ねたところ「3年くらい前にオーナーがなくなってね。経営者がかわったのよ。私もちょくちょく通ってたから寂しいわ・・」とのことであった。欲望のことも御存知だったけど、そうかもう半世紀も前の話なんだね。。
b0004696_178271.jpg

以上誰のためにもならな最新ロンドン情報でした。

[PR]
by qprqpr | 2016-02-26 16:44 | | Comments(0)

今回のフー関係

今回は旅が決まってからザ・フーのおととしの延期分が2月13日に振り替えであることを知って当然チケットはダフ屋のお世話になったがなんとか目の当たりにできた。
b0004696_1421212.png

残念だったのは到着の夜、あのハマースミスオデオン(現在はハマースミス アポロ)で「四重人格」のリバイバルみたいなイベントがあってトリビュートバンドやモッズルックのファッションショーみたいなのがあったんだけど飛行機が少し遅れて宿のチェックイン(そう、今回は宿もハマースミスだったのに。。)もゴタゴタして結局入れなかったことだけかな。
b0004696_1403696.jpg

LP時代の四重人格に封入されていたブックレットにあったハマースミスでのグルーピーたちの戯れのショット。恐らくはリハを終えてちょっと一杯か一発のお愉しみタイムか。
b0004696_14111422.jpg

13日は待ちに待ったロンドン公演はこれまたオールドファンには懐かしいエンパイアープール(現在はSSE ウェンブリー アリーナ。スタジアムはここ裏手に威容を誇っている)ハマースミス オデオンもここもビートルズも出演していることから巡礼の旅も兼ねることができた。初回のロンドン五輪の際にできた競泳プールが土台だけに1万は優に超えるキャパは日本で言えば武道館か代々木体育館が相当だろう。
b0004696_1412869.jpg

前座を見やり8時半ころようやく御大のお出まし。オープニングはやや意表を突くWHO ARE YOU。お約束のMY GENERATIONやBEHIND BLUE EYES、大好きなPICTURE OF LILYなんかの初期の歌で引っ張る引っ張る。心配されたロジャーの呂律も杞憂だ。ピートも相変わらず腕を振る振る。これ日本の爺さんがやったら脱臼モンだろう。名曲、BARGAINやEMINENCE FRONTも地元っ子にはトイレタイムか。
b0004696_1418910.jpg

地元だけに客席にはデビューころからのサポーターや年配者もおおいが嬉しかったのは20代のファンも目立ったね。日本で言えば加山雄三や舟木和夫に大学生は来ないからね。当然地元だけにMCも遠慮なくロンドン訛で意味不明だが内輪ねたで?盛り上がる。圧巻の「無情の世界」を最後にピートがまた会おうと去るのに対しロジャーが「BE HAPPY AND HELTHY」という意味深な言葉を発しアンコールにも応えず去ったことは格好はよいのだが寂しくもあった。今回ちょっとナメてた。凄かったよ、いつも元気をありがとう。長い間、本当にお疲れ様。

[PR]
by qprqpr | 2016-02-23 14:01 | | Comments(0)

今回のキンクス関係

100クラブのダウンライナーズセクトと天秤にかけたけどたまにはロンドンらしいことのひとつもとキンクスのミュージカルを選んだがさすがは本場ウエストエンド、言葉はわからなくても一流のアクター演じる若き日のキンクスの浮き沈みを肌で感じることができた。
b0004696_11264030.png

ハロルド ピンター シアターは古い熱心なミュージカルファンならコメディーシアターのほうが通りがいいかもね。ピカデリーサーカスからも3分くらいで500席はありそうな3層の本格的な劇場だった。各層は半分がミュージカルファンで半分は自分みたいなキンクスファンかな。
b0004696_11304351.png

表題曲やヒット曲に混じって個人的に大好きな「ホテルに座って」「トゥーマッチ オン マイ マインド」や「マネーゴーラウンド」なんかも取り上げてくれていてウルッときたね。
b0004696_11372799.png

わかったつもりだった筋もビートルズを目指したデビュー前や大成功と弟デイブとの確執。バンド名を地で行く捻じれにねじれた契約やアメリカユニオンとのトラブルなどなどの伝説が迫真の演技で当時のレイの気持ちが痛いほど理解できた。フーの二番煎じと捉えられたロックオペラの連続失敗など商業的には苦しかったはずのキンクスの音楽活動よりははるかに成功している今回のロングラン興行。最後の一花?咲かせるレイのエンターテナーとしての執念を感じることができた。

明日のいま頃、僕はどこにいるのだろう。
飛行機で空のどこかを飛んでいるのだろうが明日僕は何を知るのだろう。
遠ざかる太陽や悲しく過ぎ去る雲のなかまだ座席で機内映画を観ている。
たくさんの家々、車、人、人。
10キロ上空でみる地上はそんなに大きくない。
明日がどうなろうとどうでもいい。しりたくもない。
僕はただ永久運動しながら空の上にいるだけ。
明日の今頃も。
This time tomorrow where will we be
On a spaceship somewhere sailing across an empty sea
This time tomorrow what will we know
Well we still be here watching an in-flight movie show
I'll leave the sun behind me and watch the clouds as they sadly pass me by
Seven miles below me I can see the world and it ain't so big at all
This time tomorrow what will we see
Field full of houses, endless rows of crowded streets
I don't know where I'm going, I don't want to see
I feel the world below me looking up at me
Leave the sun behind me, and watch the clouds as they sadly pass me by
And I'm in perpetual motion and the world below doesn't matter much to me
This time tomorrow where will we be
On a spaceship somewhere sailing across any empty sea
This time tomorrow, this time tomorrow
[PR]
by qprqpr | 2016-02-20 12:59 | | Comments(0)

I'm home!

すっかりネイティブばりに語学も堪ノーになってしましました。
売れっ子スター並のたったの3日間でロンドン-ロッテルダム-パリ。たったの3日でこの効果。石川遼くんも脱ボーです。
b0004696_12371260.jpg

So SEXY!!
b0004696_1237138.jpg

Rockers !
b0004696_12432638.jpg

MODS!
b0004696_12371360.jpg

Football !
b0004696_12432651.jpg

Fish&Chips !
b0004696_12432642.jpg

Abbey road!
b0004696_12432652.jpg

>%$(j7Q1?k09-9&% !?
TUZUKU !
[PR]
by qprqpr | 2016-02-17 12:37 | | Comments(0)

Back to the Swingin' LONDON!

ザ・フーとダウンライナーズ セクトのギグ。キンクスのミュージカル。「さら青」のようわからんイベント。なにげにBLOW-UPの選曲も楽しみだ。なんのめぐり合わせかEMPIRE POOLにHAMMERSMITH ODEON に100CLUB。ハコもいいぜ古いぜ♪
正味2日半のマジカー ミステリー 弾丸ツアァ  いってきまあす!

 もつんかワシ。。
[PR]
by qprqpr | 2016-02-10 22:33 | | Comments(0)

最後のどんちゃん騒ぎ

2014年に開始された本ツアーが再開。英国は来週のロンドンが最初で最後、来月からは北米を回るというスケジュール。ポールのOUT THERE TOURが足掛け3年がかりだったがフーがそこまでの市場があるとも思えなかったがやはり2014年にロジャーが体調不良で延期分が今回のツアーだそうだ。

彼の言葉を借りると今回のツアーがIt’s time to say long GOODBYE.とのことだ。。「バンドは(もはや)ロックンロールではないよね。俺らは年を取ったから、ロックンロールになんてなりえないんだ」「ドラッグも摂るけど、種類の違うものなんだ。今は全て下痢止め薬とかそういう類のものだよ」なんてブラックジョークも笑うに笑えない。。

記者がファンになった80年代前半にはもう最初の解散の時期だったがそのライブでの楽器をぶち壊す破壊行為とロックオペラなるレコードでの叙情性や文学性のギャップにドはまりするのは時間の問題だった。当時の広島で誰も真似するどころか言葉さえ一般的でなかったMODSファッションや「人気がないことで有名」というマイノリティを気取るのに格好のグループだった。

拙ブログ開設のきっかけになった2004年の初来日まで「来日しない最後の大物」という触れ込みも懐かしい。今でもおぼえているのは高校時代のクラス日誌に妄想で架空の広島公演のポスターを書いたら真に受けた担任が赤ペンで「夢が叶ってよかったですね」との書き込みに返答に困ったことが忘れられない。。

そんな少しの休みがとれた間隙をついて彼らの本拠ロンドンで最後のステージに間に合うこの僥倖。決して偶然ではないだろう。ピートは何センチ飛べようがロジャーが歌詞を忘れようが齢70を超えてのMODS魂、しかと焼き付けて残りの人生の糧としたい。THANK YOU FOR EVRYTHING!
b0004696_10125179.png

[PR]
by qprqpr | 2016-02-06 09:58 | 音楽 | Comments(0)