イェイェ感あふれる60-70年代の音楽や映画、家具、グッズ、食器、デザインなど好きな方の集うサロン
by qprqpr
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
音楽
お店

映画
イエイ・スポーツ(イエスポ)
街角の1960年代(70年代)
名盤(珍盤)アワー
ベスパ飼育日記
連続ブログ小説
欲望~BLOW-UP
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
フォロー中のブログ
○ぷく●ぷく○  ~おい...
広島きのぴーワールドヽ(...
21世紀は「和」の時代
ニューヨークの遊び方
アントレ・ハウス・ブログサイト
人生の夏休み AnnAr...
what's toy m...
ブログ安三(ヤンツー)
現場にマッチした飲食のコ...
ボブさんのカバン
CIRCLE+
ザグ商店にいらっしゃい。
E=mc2 スミイナオ
きりこマガジン  
world-shaking
最新のコメント
日曜日はサンフレいって。..
by qprqpr at 21:55
日曜日はカープ行って来ま..
by world-shaking at 11:40
むむっ ワシの奴隷体質を..
by qprqpr at 21:46
NY行くのですか? マ..
by world-shaking at 16:49
最後のお好み焼きを噛みし..
by qprqpr at 07:59
祈! 平和 我が家は毎..
by world-shaking at 14:06
まあ20年近くも苦渋を舐..
by qprqpr at 08:54
カープは強いですね。 ..
by world-shaking at 19:39
むふん♪ご祝儀振り込んで..
by qprqpr at 21:58
ご結婚おめでとうございますw
by まるも at 17:41
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

♪かっぱっぱ~ るんぱっぱ~

♪かっぱ黄桜かっぱっぱ
  ぽんぴりぴ  呑んぢゃった  ちょっとイイ気持ち
     呑める呑める呑める呑める  いけるけるけるける
黄桜 黄桜  ソフトなお酒  古い暖簾のモダンな味
     かっぱっぱ  るっぱっぱ  黄桜~ハッ☆
b0004696_2314762.jpg

昨日とある常連イエラーさんの携帯が♪ピッピッピーと懐かしいメロを奏でた。一瞬、なんの歌かと思えば清酒黄桜のコマソンだった。。。聞けばイエラーさん、酒屋のお嬢さまとのこと。(爆笑)思えばこのCMも見かけなくなって久しい。。。商品の性質上ナイターの後とか夜に流れることが多かったように記憶している。ちょっと子供には刺激の強いCMで当時オカン3Xの目を盗むようにチラ見していたような気がする。と思ってヤフーを検索したらYOU-TUBEで当時の映像が拝めた。カラーバージョンしか知らないがその歴史は古く’59年からモノクロで代々のカッパが出演していたようだ。暇人はどーぞ。
b0004696_23281196.jpg


*蛇足ながらこのお嬢さんに「ウチにグラスの底に顔のあるヤツ残ってないかなあ?」とトボケ顔で尋ねるビョーキのボクチンであった。(『グラスの底に顔があってもいいじゃないか』)
[PR]
by qprqpr | 2007-10-29 23:10 | 街角の1960年代(70年代) | Comments(4)

タカキベーカリー創立20 周年記念

b0004696_14243445.jpg

つい、おめでとーて叫びたい衝動に駆られますがチョッと待てよ…タカキて子供んときからあるよな そうこれは同社が随分前に配ったと思われるノベルティなんでしょね。バブル以降今はすっかり見掛けなくなった洋装のカップルと北欧チックな人魚は戦後の広島人にとってはルリデンと並び貴重な洋菓子店でもあった証でしょう。健康的なイメージが売りの食品業界にとって現在ではあり得ない灰皿というマテリアルも時代を感じます。イラスト下部にはこれまた懐かしい旧ロゴの字体も広島人の郷愁を誘いますね。8cm角くらいでクリップや画鋲なんかいれとくにもいーね♪

*さっきHPでみたら創業は1948年(昭和23年)とのこと。つーことはやっぱこの20周年ザラハイは60年代てことになるんか。。。
[PR]
by qprqpr | 2007-10-27 14:24 | お店 | Comments(0)

About イェイェ

てマジにアバウトなお店ですが開店三年半にしていまだに何か決心した表情で「こちら何の店ですか」とか「前から気になってたんですが入りヅラくて。。。」など言われ入店されるお客さん多くて無用なカルト感を放つイェイェですが「ブログ見ました」て言われるお客さんもいることからここいらで再度自己紹介をば♪
b0004696_23174724.jpg

           ★★★わかるひとにはわかる昭和レトロのお店です。★★★
★独自の観点で収集した1960-70年代(昭和40-55年くらいのものが中心)の家具、雑貨、食器、本、服、レコード、ポスターなどなど。
★売り物のイス、テーブルなどを利用したティールーム(コーナー)を設置。基本的な飲物ばかりですが売り物の本やレコを楽しみながらお茶できます。(保健所届出済)よって家具が売れれば最大収容人数は変動しますが大体3-4人はOKです。
★平日は看板娘聖母オカン66が鎮座or仮眠しながら接客中。週末は基本的にボクチン(28)がクビをなが~~~くしてイエラーさんのお越しをお待ちしています。
★家具はお時間をいただく場合もありますが基本的に市内無料配達とさせていただいておりますが(無料ゆえに搬入時「手伝い」を強要する場合もあります。)高陽可部以北、呉、岩国方面のかたは500~1000円のガソリン代でOKです。
★ド素人が趣味のお店で細々とやっとりますので万事につけ多目にみてやってください。
*カープ、サンフレ、ビートルズファン以外の方もお気軽に~

ハイパー60-70sレトロポップ ショップ+ティールーム イエイエ
コーヒー・紅茶・105%ジュース・コーラ~300円
チャイ・カフェオレ・ペリエ~400円
おビール~500円
広島市西区三篠(みささ)町3-8-4 TEL:082-239-9209 
営業時間:お昼前後~7時か8時くらいまで。不定休。(だいたいやってます)
アクセス:JR横川駅北口下車、旧国道沿に北へ約800mセブンイレブン北隣。徒歩10分
バス広島交通バス停「三滝口」下車0分
[PR]
by qprqpr | 2007-10-23 23:17 | お店 | Comments(2)

秋の一枚・・・(下)ラバーソウル全曲ガイドA面

ドライブ マイ カー・・・これは純然たるポールの作。リードも本人。全11枚のビートルズの英国オリジナルアルバムの冒頭曲中もっともヘンなイントロではないだろうか。変拍子で入るリードギターにベースがかぶり、相当難度の高そうなリンゴのフィル・インから歌が始まる。ファンキーなピアノと車のホーンを模した擬声などが渾然一体となりモッズイベントなんかに混ぜても違和感のないヒップな作品。②ノルウエィの森・・・サウンド、歌詞ともに示唆に富む重要作品。ある女との幻想的な一夜が歌われてジョンのストーリーテラーとしての才能がバクハツしている。サウンド面ではジョージがシタールを導入し以後メンバー全員が急速に東洋思想に接近していく。しかし最後のヴァースで「だから僕は火をつけたノルウエィの森に」と訳しているがこれではジョンは大環境破壊王である。ただしくはNorwegian woodのWoodは森ではなく(北欧)「家具」のことだと思われる。一夜の儚い夢を家ごと燃やし(なかったことにし)「煙に巻いた」のか、いかようにもとれる歌詞も秀逸。b0004696_911464.jpgユー ウォント シー ミー・・・ポールの作品にしては変化に乏しくいかにも急造りな面は否めないがコアなファンには評価が高い。④ひとりぼっちのあいつ・・・大傑作。ジョンは多分、時間や契約など逼迫した状況の方がよりよい曲が書ける人であることはこの年の夏、映画「ヘルプ」のタイトル曲を書かなければいけないという切羽詰まった状態で同曲を思いつき書き上げたことからも明白。イントロの見事な3声によるコーラスはよく聴くと3つともジョンの声。ポールとジョージは道中のAh~lalalaを担当。これも見事にキマっている。邦題から高倉健さんみたいないなせなキャラを連想させるがこれはこの時期の空虚なジョン自身の心理状態を歌われたものであることは今日の研究家の間では定説。⑤「嘘つき女」・・・ジョージの作。同年夏のローリング ストーンズの大ヒット曲「サティスファクション」からファズを頂戴している。ストーンズにパクられ続けられた彼らの唯一の逆襲?3人のコーラスが複雑ながらバシっとキマり聴きどころである。⑥愛の言葉・・・原題The word.ジョンが後年多用するLOVEとは少しニュアンスが異なり、いささか皮肉な意味で「愛て言葉は便利だね」と歌う。オルガン+パーカッシブでブレイクビーツ風のリズムは1曲目同様、クラブユースも可能なグルーヴを生みだしている。⑦ミッシェル・・・・イエスタディ同様ディープなファンには敬遠されるポール一流のバラードだが当然音楽的には無視できない。クリシェを使った印象的なイントロにベースの高音部を使ったと思われるソロ。フランス語を楽器的に散りばめるセンス。これらの「あまったるい」曲も書けるところが大衆性を鷲掴みしたビートルズが怪物たるゆえんでもあるのだ。
[PR]
by qprqpr | 2007-10-20 23:24 | 名盤(珍盤)アワー | Comments(0)

ナベの季節。

よーやーく大好きな秋が来た。秋といえば「鍋」というわけでイエイエでは「ホーロー鍋」キャンペーン実施チュ♪赤、オレンジ、グリーンに花柄幾何学模様。天麩羅鍋におでん鍋に片手鍋。あなたは何鍋がお好き?
b0004696_2273275.jpg

★CDショップ用回転式CDラック入荷。見せる収納派は必見!★大型レコードラック入荷。CDも対応できる仕切り入り。モノトーンでクールなイエラーさんへ。★ひっさしぶりぶりにあ羨ボーの伝説的チェア、イー○ズのサイドシェル入~荷

ハイパー60-70sレトロポップ ショップ+ティールーム イエイエ
コーヒー・紅茶・105%ジュース・コーラ~300円
チャイ・カフェオレ・ペリエ~400円
おビール~500円
広島市西区三篠(みささ)町3-8-4 TEL:082-239-9209 
営業時間:お昼前後~7時か8時くらいまで。不定休。
アクセス:JR横川駅北口下車、旧国道沿に北へ約800mセブンイレブン北隣。徒歩10分
バス広島交通バス停「三滝口」下車0分
[PR]
by qprqpr | 2007-10-17 22:07 | お店 | Comments(2)

高津獲れ。

b0004696_23441990.jpgついでに桑田も獲れオーナー。もう何年も身内ばっかりでヤリクリしてて十年以上もBクラスでこれが上場企業なら株主総会大荒れですぜ。2軍もまったくダメじゃし、来年は市民球場最後、再来年は新球場で一応は動因数見込めるんだしベテラン選手より若い身内のコーチとか雇うんならコイツらのように飢えた狼みたいなの獲っちゃれや。特に高津なんて大洲小出身じゃろ?再来年の新球場まで電気入るって!桑田にしても生きた手本を見せてやれよ。桑田もいつか『永遠にフケツです』とかネット裏に忍者まで現れて(古いな。。。)この球場ではハジかかされたマンマじゃ成仏できんじゃろ。(ってフラれてまたメジャーいかれたりして)

お父さんのときは江夏とか加藤秀とか外部の血を入れて時代を築いたじゃないすか。時代が違いますか?コイツらで打たれて負けるなら客も納得すると思うんですがいかがでしょうか?

クライマックスシリーズ中日が順当勝ち。しかし2NDステージつうの?知将落合が半月間も弛んだアマちゃん巨人に負けるはずもなく、ホンマ日程考えないと茶番になるわペナントレース。

それよりサンフレ~ガンバレ~ひょっとして7月から勝ち点ないんじゃ?駒野も代表戦ほどほどにしてリーグ戦に余力回してな。トップ2枚に変わるムードメーカー1枚欲しいな久保さん。。

*本稿は球団HPに投稿させていただきます。
[PR]
by qprqpr | 2007-10-14 23:44 | イエイ・スポーツ(イエスポ) | Comments(0)

タマにゃ営業

b0004696_18275269.jpg

★イエラーキッズ向けスーツ入りました。四才前後と七才前後くらいの二種 家庭内ジャクソン5かフィンガー5結成したい親御さんに★70年代極太ネクタイ数本入荷~チョイ悪イエラーさん向き★久しぶりにポータブルレコードプレーヤー数種入りました 人気のマンガ柄(写真)セパレート(すなわちステレオ)式 真空管式(あ音ブチえっす)など取り揃えております ★大人気ZAGアクセ秋物追加しとりま~す ★イエイエなボーダー&チェッカーの浜本工芸イスあります★60年代サムソナイト製スーツケース2色あり。微妙なグリーンに微妙なグレーです。大きさも2泊分くらいでスクーターのお供にもグッ
☆前回掲載の2シーターソファー パンク名盤(ダムドLP)は悪しからず終了しましたm(__)m
(ラモーンズ、カオスUK、バズコックス、スターリンなど有)

ハイパー60-70sレトロポップ ショップ+ティールーム イエイエ
コーヒー・紅茶・105%ジュース・コーラ~300円
チャイ・カフェオレ・ペリエ~400円
おビール~500円
広島市西区三篠(みささ)町3-8-4 TEL:082-239-9209 
営業時間:お昼前後~7時か8時くらいまで。不定休。
アクセス:JR横川駅北口下車、旧国道沿に北へ約800mセブンイレブン北隣。徒歩10分
バス広島交通バス停「三滝口」下車0分
[PR]
by qprqpr | 2007-10-13 18:27 | Comments(0)

カルティエが…

今日なにげに時間を見ると腕が妙にスカッとさわやか。
ハイ時計忘れました。
生来セコい性分は否定できないのですが、お金のかけるところが本末転倒というか、車は8000円のボロ軽を平気で何年も乗ってよく周囲からご心配もいただくのですがスクーターなどには30万円かけても惜しくなかったりするんで困ります。
b0004696_2322455.jpg

で話を戻すと今日はなんとなく衝動買いしそうな気持ちで時計売り場へいったんよね。『エエ歳じゃしここいらで一生モンひとつくらいええかなって(マジおもった)タンクとか安売りのオメガとか見よったら不意にGショックが目にはいったんよ。あのテの流行モンは最も興味がないんじゃけど急に70年代後半のもっさいデジタル時計が欲しくなり売り場のネーちゃんに「考えられる中で一番ダサいデジタルない?」て聞いたらしばらくして奥の壁際に連れて行かれたんよ。ほしたらズラって壁際に透明なケースに入った安売りのクオーツとかのコーナーの中にコイツがあったんよ。
お色はシルバーとゴールドが選べてリコー(コイツもダサカッコエエ!)のとも悩んで悩んでなんと10分くらい迷ってより貧乏臭いC社のシルバー(ってもゴールドも泣けるぜ。。。)
b0004696_23442059.jpg

2079円てもな当時29800円したぜ。「ジッ」ていう80年代サウンドのアラームも懐かしいぜ!ストップウッチも付いてるぜ!(当時無為にイジってメイダで!)んで寝起きニャ妖しく光る青いダイオード↑も健在でした♪だいぢに使おっと♪合掌。
[PR]
by qprqpr | 2007-10-10 23:22 | 街角の1960年代(70年代) | Comments(2)

秋の一枚・・・(中)トリビア編。

アルバムタイトルについては前回、ラバーソール=ゴム底=ズック。と表したが正確に言うとここでのソールはSOLE(底)でありSOULとは(霊魂、人、ソウルミュージック)をさすことから英語の駄洒落を狙ったわけである。

しかし元プロデューサーのサー.ジョージ・マーティン卿が次のような興味深い述懐をしている。「その年の夏にシングル『ヘルプ!』のB面となった『アイム ダウン』を録っている途中、なにかの拍子にポールが『ストーンズの黒人音楽は所詮プラスチック・ソウル=(白人の)偽ソウルだ。』(後略)と言ったことがある」
このことが数ヵ月後の伏線になったという見方が一般的である。

前述のように1ヶ月という短期間の間に14曲のオリジナル+2曲のシングル(なんとアルバムからではなく新録の「恋を抱きしめようc/wデイ トリッパー」を書かなければならなかった。それのみならずファンクラブのクリスマスプレゼント用ソノシートの寸劇(といっても今回はただのスタジオ内のくだらないオフザケだったのは致し方ないところか)
b0004696_21334946.jpg

この期間、殺人的スケジュールを縫ってあの歴史的なバッキンガム宮殿でのMBE勲章の授与式にも出席。(10/26)なんと宮殿内のトイレで一発キメたとか、真偽の程はともかくこの時期のラリパッパ生活が垣間見れるエピソードではある。

12月3日に発売となった本作だが急造りの支障か英国盤モノラル(60年代末まで英米ではモノラルとステレオミックスの2種類が発売された)のファーストプレスは音圧が高過ぎて針が飛ぶというクレームを受け交換作業に追われることに。皮肉なことにこの深く分厚い音の初回盤はコレクターズアイテム化し、いまや数万を越える金額で取引されている。(音圧を押さえたセカンドプレスも現在そこそこ高値である)

b0004696_21395358.jpg例によりアメリカ盤は英国盤より2曲少なくしかも1曲目が前作の英国盤「HELP!」から温存した「夢の人」から始まるという作者側からしたら暴挙に近い売り方をしている。(アルバムタイトルはなんと赤からゴールドに!)しかしこのアルバムまでは英国オリジナルの曲順はプロデューサーのジョージ・マーティンにより独断で決められている。トータルアルバムとしての評価が高い本作だが本人達はノルマを達成するのに息も絶え絶えだったのかもしれない。次作「リボルバー」以降はスタジオの権限を掌握し。ほぼセルフ・プロデュース状態でマーティンでさえ発言権は抑えられていく。その意味でも本作は彼らのキャリアを前後半の2つに割るならまさにビートルズの思春期を締めくくる大傑作だったのである。
[PR]
by qprqpr | 2007-10-08 21:40 | 名盤(珍盤)アワー | Comments(0)

秋の1枚・・・とうとう書くときがきたの巻(上)

好きすぎて書けなかった1枚です。
またこの時期になると無性に聴きたくなる1枚なんです。

b0004696_22443141.jpgビートルズの最高傑作を1枚といえば名盤アワーでもとりあげた『リボルバー』か『SGTペパーズ』があがるだろう。『アビー・ロード』も2位は充分狙える。しかし好き嫌いでいうともっとも好きな1枚に挙げられそうなのが今回おかけする『ラバーソウル』かもしれない。少なくともボクチン的には最高傑作と断言できる。というのも本作は’65年8月末まで全米ツアーに明け暮れた彼らが精根尽き果て9月に英国に戻りその年のクリスマスまでに各1枚のアルバムとシングルをゼロの状態から(正確には1曲のストックがあった)作り上げたまるで『鶴の恩返し』の「おつう」のような状況か、まるで海亀の産卵の如く生み出された作品だからだ。

その僅かな1ヶ月の間、ジョン、ポール、ジョージの3人は曲をもちより10月12日にアビーロードに集結し、僅か1ヶ月という短期間にこの大傑作を「書かなければならない」という極めてストレスフルな条件のもと書き演奏し歌い上げたのである。現在のビッグネームのレコーディングならまだ音入れさえなされていないであろう。

当然、これも今では当たり前となった深夜や異例とも言える土日を使った録音もビートルズならではの待遇面でのバックアップも見逃せない。この頃からレコード会社のパーロフォンもビートルズの録音はスタジオの無制限な使用を認め、後世の文化遺産とみなしリハーサルも含め「テープ回しっぱなし」を指示していることからも既に彼らが別格扱いを受けていることの証明であろう。

曲についての詳細は次号に譲るとしてこのアルバムカバーである。ウェイブリッジのジョンの庭で晩秋らしい濃い緑のバックに赤いロゴがいかにも英国的な色彩感覚といえる。不敵にも送り手のクレジットはどこにも記されていない。ただ当時流行の最先端であったサイケなアルバムタイトルが左上に押しこめられ、最終決定時に偶発的にスライドが傾き歪んだ表情を敢えて面白いと判断し、その歪みからラバーソウル=ゴム底と名づけるセンスにも拍手を送りたい。(とてもシラフでは作り得なかったという証左でもある)
[PR]
by qprqpr | 2007-10-06 22:49 | 名盤(珍盤)アワー | Comments(2)